FC2ブログ

長瀞:秋の七草寺と宝登山登山

 「秋の野に 
  咲きたる花を
  指折り
  かき数ふれば
  七種の花
  萩の花 
  尾花
  葛花 
  撫子の花
  女郎花 
  また藤袴
  朝貌(あさがお=桔梗)の花」
   
山上憶良(万葉集)


9月の最初の三連休最終日、前日は朝練のつもりで早朝から若洲まで行き、荒サイ通って帰ってきた70km。それなりに走ったので、今日はポタリングと決めた。それでも、チェコサイクリングから帰国後はあまり日本の山を走っていないので、少し遠出で長瀞まできた。長年の懸案だった長瀞の秋の七草寺巡りをする。秋の七草と言っても、桔梗のように紫陽花の時期から咲いているのもあるので、なかなか時期を選ぶのが難しいが、9月の半ばはまあちょうど良い時期っぽい。

テレビで女郎花(オミナエシ)が満開というのもやっていたので、今日はそこらを回る。皆野の運動公園からスタートして荒川右岸を下り、左岸を上る反時計回りコースで7つの寺を巡る。

2018-09-17 08-56-18

2018-09-17 08-56-56

2018-09-17 08-57-35

2018-09-17 09-03-18

2018-09-17 09-07-53
藤袴(法善寺):野上の駅の対岸。長瀞対岸の県道82からすぐだが、しっとりした古刹の感じのお寺。色々な花が咲いている。

2018-09-17 09-18-48

2018-09-17 09-18-30

2018-09-17 09-19-54

2018-09-17 09-21-08

2018-09-17 09-22-41

尾花(ススキ)(道光寺):古典的なススキと、まっすぐ上に伸びるススキの両方がある。荒川右岸のいちばん北にあり、寄居との境界への急坂の手前。県道からすぐ。


2018-09-17 09-27-57

2018-09-17 09-27-38

2018-09-17 09-29-57
荒川を渡り、長瀞を見下ろす。

2018-09-17 10-03-45

2018-09-17 10-04-07

2018-09-17 10-05-08

2018-09-17 10-05-40

2018-09-17 10-06-52

2018-09-17 10-11-03
葛(遍照寺):我々は車用の案内に沿って、射撃場入り口の交差点から間瀬峠への県道287をえっちら登って駐車場まで行った。歩きだと次の洞昌院の裏の方から登れるのだと思われる。七草寺の中では一番山奥。葛自体はちょっと終わってしまった感じか。

2018-09-17 10-37-15

2018-09-17 10-37-44

2018-09-17 10-42-08

2018-09-17 10-42-50

2018-09-17 10-45-38
萩(洞昌院):萩は見頃だった。寺の裏手の墓地(分譲中)を囲むように植えられて、墓地の上はちょっとした展望台になっている。

2018-09-17 11-09-59

2018-09-17 11-10-38

2018-09-17 11-10-58

2018-09-17 11-11-22

2018-09-17 11-15-49
桔梗(多宝寺):中野上の交差点から河岸の方に入り、県道からちょっと入ったところ。憶良の「あさがを」は桔梗のことだと解釈されているらしい。ここの桔梗は以前7月に見たときの方が盛りだった。

2018-09-17 11-27-36

2018-09-17 11-27-50

2018-09-17 11-28-47

2018-09-17 11-29-17

2018-09-17 11-30-22

2018-09-17 11-31-28

2018-09-17 11-35-27
女郎花(オミナエシ)(真性寺):県道287を南下していると土手の上の塀の向こうに黄色い花が見える。ちょうど盛りだった。オトコエシ(力強く、全体に毛が生えている白い花)も咲いている。

2018-09-17 12-30-02

2018-09-17 12-39-13
撫子(不動寺):宝登山ロープウェイ駐車場の奥にあるお寺。駐車場への急坂を登る。自分は、もちろんなでしこジャパンは知っているが、撫子がどんな花か知らなかったので、どれがそうかわからなかった。季節的にほぼ終わっていたのだと思われる。

藤袴、尾花、萩、女郎花はいい感じ、葛、桔梗、撫子はちょっと遅かった感じだった。

1時すぎていて、せっかく苦労して(それほどでもないが)宝登山ロープウェイまで来たし、今日はこれ以上走ってもどこに行ける感じでもないので、歩きで宝登山に登ることにした。距離は2.6kmだから1時間かからないだろうと思って登り始める。実際、登山道は車も通れそうな林道な感じで、SPDシューズでも登れた。小動物公園まで登り、そこから山頂へ。先日ブラニーク山登頂を諦めたので、そのお返しな感じ。しかし、帰りはクリート付きのシューズでは滑りそうなので、ロープウェイで降った。

2018-09-17 13-49-36

2018-09-17 13-49-41

2018-09-17 13-52-27

2018-09-17 13-51-15
宝登山山頂から。歩いて登り、帰りはロープウェイ。次はちゃんとしたシューズで来よう。

まだ時間があるので、長瀞駅の方に引き返して、阿左美冷蔵のかき氷を食べた。(我々は本店に行ったが、途中で山道店を通り越していた。そちらの方が空いていた)これまでなんども横を通っているが、ライド中心の時は時間がもったいなくて待つ気がしないので寄らずにいた。今日はもう走らないと決めていたのでゆっくり待って(でも1時間はかからなかったと思う)、自分は三温糖のかき氷を食べた。天然氷のかき氷はスムースでマイルドで頭も痛くならない。

2018-09-17 15-25-51

2018-09-17 15-06-01
念願だった阿左美冷蔵のかき氷!

あとは、運動公園に戻ってゴールイン。途中、荒川沿いのルートを走ったら綺麗に彼岸花が咲いていた。

2018-09-17 15-34-35

2018-09-17 15-34-42

2018-09-17 15-35-29

2018-09-17 15-36-04
荒川左岸に沿って走ると、河原に彼岸花がたくさん咲いていた。

2018-09-17 15-39-13

2018-09-17 15-40-45

2018-09-17 15-41-08

2018-09-17 15-41-27-1
土手に降った。岩の模様とラフティングの人たち。ここは難所みたいだ。

2018-09-17 15-56-37
秩父鉄道も彼岸花の間を走る。


自転車で走ったのは30km行かないが、宝登山にも登ったバイク・アンド・ハイクになりました。秋の七草は一度に見て回ろうとしないで早い時期と今頃と2回くらいに行くのが良さそう。レンタサイクルで回るのに丁度良さそうだが、葛と撫子は少し坂を登る。
(2018/09/17)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

@たまりんど

Author:@たまりんど
僕の人生は長い上り坂を上っておいしいものを食べるためにある!

ストイックなローディーと違って、上り坂はお腹を減らすためにあると思っている自分たち(自分と相方)。B級グルメ目的のポタリングがだんだん長距離になり、山を求めてでかけるようになりました。
小径折りたたみは理想的です。車でも電車でも簡単に運べて、どこからでもスタートできる。景色を見ながら、いつでも止まれて、写真を撮ったり観光したり。ゆっくり走ってロードに抜かれても気にならない。それでも、2台の小径(KHS F20RCとBike Friday Pocket Rocket Pro)は結構どこまででも連れて行ってくれます。「峠」を越えて違う景色へ。山の向こうには何があるのか?おいしいものはあるのか!?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR