FC2ブログ

木更津、海から内陸まで

今日は木更津を走ることにした。なぜ木更津かというと、先日朝飯を買いに寄った「うみぼたる」に木更津観光協会のビデオが流れていて、おねえさん二人が自転車で海岸沿いとか、うまくたの道の駅とコスモス畑とか走っていて素敵そうだったからだ。うみぼたるにスクリーン設置するのにいくら取られるのか知らないが、少なくとも二人は客を呼べたな。

それで木更津駅にやってきました。昨日は暖かだったが今日は寒い。空も曇っている。木更津といえば、アクアラインのストロー効果で商店街壊滅みたいなネガティブな印象があり、確かに駅前は寂しいが、一段落したのか片付いた感じで、荒廃したり危険だったりの感じはしなかった。

2018-02-25 10-45-16
木更津駅からスタート!

木更津といえばまずは證誠寺、狸囃子のお寺です。山寺なイメージだが実際は駅のすぐそば。ここにタヌキが来て腹づつみを打ったのか。梅の咲いた境内には観光客もちらほら。我々もお参りしてから狸塚、童謡の歌碑と見て回る。思ったよりコンパクト。

2018-02-25 10-51-16

2018-02-25 10-50-51
證誠寺に通じるみまち通り。もちろんタヌキがお出迎え。

2018-02-25 10-55-43
證誠寺は駅からすぐ。

2018-02-25 10-57-54
狸塚、右の置物、ちょっと変かわいい。

2018-02-25 10-59-18
こちらは童謡の歌碑。

ここから市内を港方面へ。アクアラインができる前は川崎からフェリーが出ていて、さんまのドラマの舞台になっていたな。港に行くつもりはなかったが、うみぼたるのビデオにも出ていた赤い橋が見えたので行ってみた。港と言って横浜港みたいのを思い浮かべていると、街のすぐ脇に唐突に貨物船が泊まっていて、なんかちょっと不思議。

2018-02-25 11-11-22
赤い橋が見えたので港の方に行ってみた。ここもうみほたるのビデオで見た。

橋は中ノ島大橋という人道橋で、ジグザグの坂を自転車で登れた。木更津キャッツアイの舞台になって、一時は聖地化していたらしい。あのドラマが木更津のイメージを作ってしまったかもしれないが。今では恋人の聖地に指定され(那須にもあったな)、最近はパリのポン・デザールを真似て鍵をつける流行しているようだ。今日は風が吹いて寒すぎだが、それでも人は訪れていた。向こう岸に下っても公園しかないので、坂は下らず引き返す。

2018-02-25 11-22-03
中の島大橋の上からの景色。さびしい。

2018-02-25 11-30-42
恋人もタヌキ。

自衛隊の木更津飛行場外周をなぞるように走る。次は、日本のウユニ塩湖としてインスタ映え名所になった江川海岸。本来はアサリの漁場で潮干狩り場。寒いし、風と波で水面は鏡のようではないし、ここは夕景が有名だから、日曜日にもかかわらずカメラマンは一人しかいなかった。しかし、海の中に続く電柱が寂しい景色を引き立たせる。ようやくちょっと日が差して、写真撮るにはいい感じになった。

2018-02-25 11-56-47

2018-02-25 11-58-36

2018-02-25 11-57-14
今日はちょっとウユニ塩湖には見えないが、冬の暗い空も寂寥感に似合う江川海岸。

小櫃川の河口から内陸に向かう。東京湾岸にこんな寂しいところがあるのか、ここは石狩湾かと思う景色が続く。県道87に入って小櫃川を越え、アクアライン連絡道をくぐって、アウトレットパーク渋滞を横目に右折。袖ヶ浦の駅手前から県道143に入る。埋立地の景色から打って変わって、丘陵地帯の縁をなぞる旧街道っぽい景色になる。蔵のある立派な屋敷もある。袖ヶ浦名物のガウラーメンが食べたくて、袖ヶ浦公園近くの農産物直売所に行ったがそこにはなかった。後で公園の中で食べられたことがわかった!失敗。

しかし、東向きに走ると向かい風が強い。今日は低気圧が東に抜けた後だから北西風だと思っていたが、東風だったか。ペースが上がらない。徐々に東京ドイツ村のある丘陵地帯が近づくが、途中から県道145、広域農道で久留里線に向けてトラバース。広域農道脇の道は歩道のように見えて、実は耕運機用の道だった!しかし、ここは開けていて風が強かった。東横田駅脇の踏切から久留里線に沿って南下するが、南向きになると風が少し楽になる。

馬来田の駅まで県道を走り、その先で踏切渡って、国道410に向かう。ここはルート選択失敗で、途中でダートになったが、なんとか圏央道沿いの道にたどり着いて道の駅うまくたの里にたどり着けた。ここは養老渓谷方面に行く時に使う木更津東ICの脇だった。新しく賑わっている道の駅で、太巻きとか餅とか買ったが、中に食べるところがなくて、寒いけれど外のベンチでお昼ご飯!(のうそんカフェのランチ1900円は高いし、予約で終了だった)

2018-02-25 14-21-03
昼ごはんはまた太巻きだが、普通と違って中が絵になったりしている。

2018-02-25 14-55-07
「こんな寒い日にソフト食べるやつ変だよね」、といいつつすっかりソフトを食べた我々。

さて、この先どうするか。当初予定ではこのまま上総亀山まで走って久留里線輪行で帰るつもりだったが、風が強いので追い風で木更津に帰ろうということにして、県道145をもう少し南下、県道23に移って東に向きを変える。行きはずっと平地だったが、帰りはちょっとした丘越え。しかし、上り坂の方が向かい風より楽だ。下り坂になり、かずさアカデミアパークを通過。館山道をくぐると街場に戻り、木更津駅に帰還!!


アクアラインの観光宣伝ビデオ通り、中の島大橋・江川海岸から内陸の馬来田まで、埋立地から農村・丘陵まで走った50km強。ビデオの二人は自転車で両方繋いではいないと思う。帰りはちょっと丘越えで、大自然ではないがいろいろな景色がみれた。それにしても寒かった。
(2018/02/25)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

@たまりんど

Author:@たまりんど
僕の人生は長い上り坂を上っておいしいものを食べるためにある!

ストイックなローディーと違って、上り坂はお腹を減らすためにあると思っている自分たち(自分と相方)。B級グルメ目的のポタリングがだんだん長距離になり、山を求めてでかけるようになりました。
小径折りたたみは理想的です。車でも電車でも簡単に運べて、どこからでもスタートできる。景色を見ながら、いつでも止まれて、写真を撮ったり観光したり。ゆっくり走ってロードに抜かれても気にならない。それでも、2台の小径(KHS F20RCとBike Friday Pocket Rocket Pro)は結構どこまででも連れて行ってくれます。「峠」を越えて違う景色へ。山の向こうには何があるのか?おいしいものはあるのか!?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR