FC2ブログ

プーリアの世界遺産:第5日 マテラ周辺観光(対岸の岩窟教会と展望)

プーリアの世界遺産:第1日 バーリ(Bari)からトラーニ(Trani)
プーリアの世界遺産:第2日 トラーニ(Trani)からカステル・デル・モンテ(Castel del Monte)へ
プーリアの世界遺産:第3日 カステル・デル・モンテ(Castel del Monte)からグラヴィーナ(Gravina in Puglia)へ
プーリアの世界遺産:第4日 グラヴィーナ(Gravina in Puglia)からマテラ(Matera)へ
プーリアの世界遺産:第5日 マテラ周辺観光
プーリアの世界遺産:第6日 マテラ(Matera)からアルベロベッロ(Alberobello)へ
プーリアの世界遺産:第7日 アルベロベッロ周辺周遊(ロコロトンド、チステルニーノ、マルティナ・フランカ)
プーリアの世界遺産:第8日 アルベロベッロ(Alberobello)からポリニャーノ・ア・マーレ(Polignano a Mare)へ

マテラのホテルでゆっくり寝て、朝食の会場に行くと、バイクウエアの集団に占領されていた。聞いてみたら、アメリカ人の団体(話した女性はアリゾナから来ていた)で、チクリッシモというグループで毎日80-200km、二週間走っているということ。真似はできないな。

昨日は雨でシューズもびしょびしょだし疲れた。今日は天気も回復したが、午前中は世界遺産のマテラをゆっくり歩いて見学する。サッシを下って行って、まずは有名な洞窟教会をいくつか探訪することにした。その前に、今日のもう一つのお目当、マテラから丘を下ったところにある「原罪のクリプト」に行くツアーを探すことにして、観光案内所に行ってみた。マテラのウォーキングツアーがあったら参加しても良いと思ったが、当日だと個人でガイドを雇うことになってすごく高かった。ここはよしてツアー会社のオフィスに。ここでは、バスに乗ってサッシを回るツアー、バスで谷の対岸の展望台に行くツアー、それからバスでクリプトに行くツアーがあった。最初の二つは自分でたどり着けるからいいやということで、クリプトのツアー(最終の16:15発があった)に参加することにする。この時間だと効率的に時間が使える。

2017-09-28 06-35-35
朝もやのマテラ。今日は晴れそう。

2017-09-28 10-36-39

2017-09-28 10-37-42

2017-09-28 12-33-28

2017-09-28 15-31-16

2017-09-28 15-31-33
これがマテラのサッシだ!

2017-09-28 12-52-53
素敵なちゃり。

ということで、午前中は徒歩で市内観光。昼過ぎに宿に戻って自転車を取り返す。午後からショートなライド。バスでは行かなかった展望台に行く。SPDシューズは濡れているので、サンダル履きで。まず街の北側に出て、急坂を下って国道SS7の橋を渡る。交通量が多いので脇道に逃げて、本道に戻ったところでCiesa Rupestre Madonna Delle Verginiという教会へ行く道の標識があった。行こうとしていた展望台はもう少しSS7を走った後だが、交通量多いし、たぶんこちらの教会の方でも展望ありそうだ。ということでそちらに登っていく。

舗装道路はすぐ砂利道になった。途中で、赤くてお尻にハートをつけたオート三輪に抜かされる。坂を登りきって少し下ると、渓谷の反対側のサッシが見えてくる。さっきのオート三輪が停まっているところまでいった。ここがその教会だった。岩に穿たれた無人の教会だが、今でも使われていそうだった。それにしても、対岸の景色はすばらしかった。吸い込まれそう。次回があれば、丸一日このあたりのハイキングでかけてもよさそうだった。

2017-09-28 14-00-10
すっごい、渓谷の向こうのマテラのサッシ。

オート三輪の脇では二頭のわんこが必死で地面を掘っている。何を探しているんでしょう。飼い主(女性のガイドが自分の赤いオート三輪でお客を連れてきているのであった。わんこは、掘るのが趣味なのだということ。そうか。ここはすばらしい眺めだけれど、あまり知られていないのか、彼女たちが去ると我々しかいなくなった。それで、買って来たフォッカチアを頬張っていたら、にゃんこが出てきた。最初はお一人。フォッカチアのハムをちょっとあげた。もうお一人、兄弟?が出てきたが、こちらは食べ物欲しがらなかった。ずいぶんと愛想とサービスのよいにゃんこでした。

2017-09-28 13-59-54

2017-09-28 14-01-01
女性のガイドがお客を乗せてきたオート三輪の脇でわんこが必死で掘っていた。趣味だそうです。しかし、マテラはオート三輪の天下。

2017-09-28 14-19-55

2017-09-28 14-22-57

2017-09-28 14-26-43
にゃんこう!異様に愛想とサービスがよかった。

2017-09-28 14-30-07
これも岩窟教会のCiesa Rupestre Madonna Delle Vergini

2017-09-28 14-38-05
天国への階段がマテラの大聖堂と我々の自転車に降りてきたみたい。

街に引き返す。マテラに戻る急坂が苦しかった。自転車を物置に戻して旅行会社に行き、夕方のツアーで原罪のクリプトにいった。片道15kmくらいだが、幹線道路で楽しそうにないし、帰りは登りだから自転車だったらまる半日かかっただろう。バスツアーでよかった。サンフランシスコからきたアメリカ人のおじさんと話しながらバスで下ると、鉄道の橋の脇のワイナリーの中にクリプトがあった。洞窟の中の階段に腰掛けて話を聞く。順番に壁画に照明が当たって解説されるのでわかりやすかった。街に戻って今日は終わり。休養日のつもりがしっかり全部遊んだ。

2017-09-28 20-54-17

2017-09-28 22-22-16

2017-09-28 22-21-56

2017-09-28 22-23-12
夜のサッシとドゥオモ、そして月です。


今日は12kmしか走らない休養日、とはいえ結構坂はきつかったです。にゃんこにも会えたし教会もマテラも見えた。
(2017/09/28)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

@たまりんど

Author:@たまりんど
僕の人生は長い上り坂を上っておいしいものを食べるためにある!

ストイックなローディーと違って、上り坂はお腹を減らすためにあると思っている自分たち(自分と相方)。B級グルメ目的のポタリングがだんだん長距離になり、山を求めてでかけるようになりました。
小径折りたたみは理想的です。車でも電車でも簡単に運べて、どこからでもスタートできる。景色を見ながら、いつでも止まれて、写真を撮ったり観光したり。ゆっくり走ってロードに抜かれても気にならない。それでも、2台の小径(KHS F20RCとBike Friday Pocket Rocket Pro)は結構どこまででも連れて行ってくれます。「峠」を越えて違う景色へ。山の向こうには何があるのか?おいしいものはあるのか!?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR