FC2ブログ

荒川と見沼用水をつないでお花見

東京は今日が桜満開、といわれても近所の桜もそんな感じじゃないな。

しばらく自転車も乗れないし、これが今年最後の花見かもしれないのでどこか、花のよいところに出かけようと思ったけれど、東京を離れると花もなくなりそう。しかし、都内を走り回るのもさびしいので近遠い埼玉南部、いつもなじみの荒川あたりということになった。ネットで調べたら、大宮公園の桜と北本自然観察園のエゾヒガンザクラが見頃らしいのでその二つをつなぎ、ついでに見沼用水沿いがどんなになっているか見ておくことにする。

川越の運動公園からスタートして、まず腹ごしらえで川越の街に行く。自分たちにとって、川越というのはすっかり楽々のサンドイッチを食べるためにある街になってしまった。途中の伊佐沼周辺も桜並木のようだが花はまだまだだった。

2017-04-02 10-12-33
川越のパン屋、楽々で朝ごはんと補給食の調達からスタート。

国道16に出て上江橋を渡る。これまで何度となく渡った橋だが、今日はサイクリングロードに降りるのではなくてそのまま大宮方面に向かうので上流側の歩道を走った。そしたら入間川と荒川の間のサイクリングロードは菜の花に囲まれて黄色い毛布の中みたいだった。帰りはあそこを帰ってこようと決めた。

2017-04-02 11-03-42
上江橋から菜の花のじゅうたんが見えた。帰りはあそこを帰ってこよう。

川を渡った後は、指扇駅前から西大宮を経由して新大宮バイパスにぶつかるまでは、概ね川越線の線路に沿った住宅地の中を走った。大宮市内の鉄道博物館に近づいたとき、三叉路の正面に「いちご大福」の文字を見つけた。「梅林堂」という菓子屋さん。今年はまだおいしいいちご大福を食べていない。どうだろうと寄ってみた。高いけれど立派ないちごが入っているからいいやと買ってしまった。

新幹線をくぐり、東北線をくぐって野田線の線路を渡ると、桜が目に飛び込んでくる。川越ではまだまだだった桜がここでは満開だった。花も満開だし花見も満開。出店も場所取りもいっぱいの古典的花見会場だったれど、日曜日の昼までさほど騒がしくもなくゆっくり花見ができた。

2017-04-02 12-14-10
大宮公園はほぼ満開だった。川越とは気候が違うのか。

2017-04-02 12-13-28
名物のキーテスンキチも食べられる。

2017-04-02 12-30-30
梅林堂のいちご大福。いちごたっぷりで、久しぶりに良いいちご大福を食べられた。

とはいえ、公園の中を自転車つっきれるほど空いてはいなかったので、公園の南を回って大宮第二公園方面へ。公園の前を見沼代用水が通っている。その脇の道を北上始める。野田線と東北線を渡り返すのにちょっと苦労して(久しぶりでルートを忘れていた)、操車場の上を渡って親水公園沿いを走って東大宮バイパスを越えると急に景色が田舎になる。代用水はここで西縁と東縁が別れていて、綾瀬川と立体交差(伏越 )して北から流れてくる。

2017-04-02 13-42-37
見沼代用水が二手に分かれるあたりの公園。充実しているというか生活感があるというか。

用水沿いに桜が増えるのはもう少し北に行ってからだった。東北新幹線の線路が見えてくること桜が一気に増える。ほぼ満開の木もあるが、大方三分咲きという感じか。この先、旧菖蒲町役場までまだちょっとな桜並木の下をずっと走り続ける。ここにきて、一気にサイクリストが増えた。

2017-04-02 13-56-01
桜はまだだったが、他の花は結構咲いていた。

2017-04-02 14-15-21
楽々のサンドで補給。

2017-04-02 14-46-19
だいぶ北上してようやく満開の桜に出会えた。

2017-04-02 14-50-00
見沼代用水が元荒川と立体交差するところは菜の花がきれいだった。

そろそろ帰る方向に走らないとだ。旧菖蒲町役場から南西に進路を変えて、県道を走って北本方面へ。平らな道をひたすら走る。ちょっと帰りの時間が気になり始めてきた。自然観察園ではあまり時間がとれないか。広い県道を渡り先に進む。そのうち北里大学のキャンパスが現れて、そちらは桜が五分咲きくらい。その先に自然観察園があった。案内のスタッフがエゾヒガンザクラはこちらですと声をかけている。

サイクルラックに自転車をかけて、スタンプラリーのシートをもらって歩いていった。スタンプ3つでプレゼントがもらえる。湿原の木道をちょっと歩くと正面に見えてきた。残念ながら日が傾いて影になってしまっていたが、見事に大きな桜の木。梢の方にかすかに日が差していた。人は多いが、大宮公園と違って花見モードでないのでゆっくり観れた。

2017-04-02 15-59-42

2017-04-02 16-07-10
北本自然観察園のエゾヒガンザクラはほぼ満開。

2017-04-02 16-01-31
スタンプラリーもたまりました。シールがもらえた。

2017-04-02 16-07-16
夕日に竹林も美しい。

とはいえ、あまりゆっくりできない。センターハウスで記念品をもらい(シール)、さっさか走り出す。荒川の方の桜堤に行ってみた。そちらも桜祭りの準備が進んでいたが、花はもうちょっと。そこから太郎衛門橋まで走って荒川をわたり、あとは右岸のサイクリングロードをひたすら南下。こちらは桜よりも菜の花だった。

2017-04-02 16-31-47
桜堤はまだまだ。祭りの準備中の風情。

入間大橋まできて、目的地の運動公園は橋をわたってすぐだが、この先の土手上のサイクリングロードが菜の花がきれいだったので、上江橋まで走ることにした。予想どうりに素晴らしかった。両側夕日に照らされた菜の花。天国に行く道ってこんな感じか。向こうにおばあちゃんが立っている!?いや、そんなことはなかったが。

2017-04-02 16-54-52

2017-04-02 17-09-30

2017-04-02 17-03-04
夕日に照らされた菜の花の間のサイクリングロードは天国に行ってしまいそう。我々の天国はこんな感じか。地獄は向かい風。

やがて現実(国道16号線の上江橋)が見えてきた。今日のサイクリングももうすぐ終わり。残念。だが日はすっかり傾いた。国道の歩道に上がって川越方面へ。あとは道路標識どおり運動公園まで走ってゴールイン。日没とほぼ同時に花見ランも終了した。


約80km走って花見ポイントをつないだ。桜にはちょっと早かったが、菜の花は咲き始めの鮮やかな色だった。これからしばらく陸地から離れるので花見もこれが最後?
(2017/04/02)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

@たまりんど

Author:@たまりんど
僕の人生は長い上り坂を上っておいしいものを食べるためにある!

ストイックなローディーと違って、上り坂はお腹を減らすためにあると思っている自分たち(自分と相方)。B級グルメ目的のポタリングがだんだん長距離になり、山を求めてでかけるようになりました。
小径折りたたみは理想的です。車でも電車でも簡単に運べて、どこからでもスタートできる。景色を見ながら、いつでも止まれて、写真を撮ったり観光したり。ゆっくり走ってロードに抜かれても気にならない。それでも、2台の小径(KHS F20RCとBike Friday Pocket Rocket Pro)は結構どこまででも連れて行ってくれます。「峠」を越えて違う景色へ。山の向こうには何があるのか?おいしいものはあるのか!?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR