FC2ブログ

房総コスタ・デル・ソル(館山から海沿いに鴨川まで)

二週続けて南房総方面の海沿いを走ることにした。館山スタートにしたが、アクアライン事故渋滞で出遅れて、館山駅西口11時過ぎに出発。まずは海岸に出る。スペイン風の茶色い瓦屋根の建物の向こうに青い海。公衆トイレもスペイン風で、いきなりコスタ・デル・ソルな感じ!?天気は微妙だったが、暖かくて風もそんなにない。随分東京と季節が変わった感じがする。

2017-02-25 11-05-46
スペイン風な館山駅からスタート!

2017-02-25 11-15-52
トイレもコスタ・デル・ソル。(男女のマークはフラメンコと闘牛士でした)

まずは海岸を洲崎灯台を目指す。自衛隊の飛行場脇を抜けてアップダウン繰り返して東に向かう。途中、集団のローディーに抜かされた。冬の定番トレーニングコースって感じか。右手の海が青い。灯台の手前の駐車場にもやはりちょっとスペイン風トイレ。灯台からは東京湾の奥から三浦半島、伊豆半島、大島が見えるが、富士山は雲の中で見えなかった。

2017-02-25 12-05-45

2017-02-25 12-11-41
東京湾とは思えない洲崎からの景色。

駐車場の観光案内で、近くに洲崎神社が航海安全の神様であることを知ったので、寄ってみることにした。最初に手前の養老寺に行ったが、山門前で住職の奥さん(?)が洗車していて、ちょっと横を抜けて行きにくかったのでパスして神社へ。正面に長い急な階段。しかし、まだ元気だったのでめげずに登った。頂には本殿と金毘羅宮、それに役行者が祀られている。戸隠とか山に縁のある役行者がなぜ房総の海沿いに?と思ったら、役行者は大島に島流しになってここも通ったらしい。知らなかった。

2017-02-25 12-24-50

2017-02-25 12-26-23
洲崎神社へ。これ登るんですか!?って階段を上って本殿へ。

お参りを済ませたら、富士遥拝所という看板があった。富士山は見えないだろうが、景色が良いのだろうと行ってみた。たしかに富士山はないけれど高くてよい景色だ。今度は富士山あるときに来たい。その横の急な階段を下ると、途中で里見八犬伝の伏姫が仁義礼智忠信孝悌の8つの玉をもらったという洞窟があった。ここにも役行者が祀られている。もっと山奥だと思った。

2017-02-25 12-34-29
富士遥拝所。富士山は集中工事で休みです。

2017-02-25 12-38-11
役行者が修行し伏姫が玉をもらった洞窟。

坂を下る。右手の海は東京湾ではなくて太平洋になっている。飛砂に注意の標識があちこちにある。道は海岸からちょっと離れているが、防砂林を越えて砂が車道まで飛んできて、道の脇に溜まっている。自転車で突っ込んだら危険なくらいのところもあった。海側はサイクリングロードで一度きたことがあるけれど、すっかり砂に埋まっているのは知っていた。しかし、防砂林が切れたところはすごいことになっていた。楼蘭って感じだ。砂を別にすれば、まだ菜の花が残っていて、いかにもフラワーラインな道。

2017-02-25 12-58-10
楼蘭やロプノール湖になっていたサイクリングロード。

2017-02-25 13-00-30
フラワーラインらしい!菜の花はほぼ終わっていたけど。

2017-02-25 13-21-22
黄色い友達がいた!

ちょっとハンガーノック気味で補給食頬張りながら走る。国道410に合流して次の目的地は白浜フラワーパーク。しかし、用があるのは花ではなくて菜の花ソフト!蜂蜜の味がする(というか蜂蜜が菜の花の味なんだろう)ソフトクリームを食べて糖分を補給して元気を回復した。

2017-02-25 13-48-56
定番のフラワーセンターの菜の花ソフトで元気回復。

次の目的地は野島崎。海岸沿いの道を灯台まで走って、少し遊歩道を散策。今日は風がなくて助かる。これまであまり長居できたことはなかったが。岬にもサイクリストがちらほら。そこから恒例の干物センターへ。ここに来る途中で地元のスーパーODAYAでおにぎりを仕入れてきていた。ノドグロイワシの干物の試食をおかずにおにぎり食べてお昼ご飯にした。食べ終わったらもう3時になっていた。お腹が減っているわけだ。

2017-02-25 14-22-05

2017-02-25 14-29-22

2017-02-25 14-23-32
野島崎へ。今日は風がなくてくつろげた。

2017-02-25 14-58-08
スーパーで買ってきたおにぎりと試食の干物で昼ごはん。まだ走るがお土産を買い込む。

ここからは北上する。とりあえあず三十数キロ崎の鴨川を目指すが、厳しそうだったら千倉の向こうのどこか適当な駅から帰ることにする。しかし、日も伸びたし、暗くなる前につけるかな。風はないし、カロリーも補給したので快調に海沿いの道を走る。思ったより早く千倉を通過、道の駅ローズマリー公園の脇から海岸沿いのサイクリングロードに行ってみたけれど、そこも砂に埋まっていた。数年前には通れたのだけれど、整備を諦めたのかな。「砂漠に砂を撒くようなものだからね。」「砂漠に水です。」という会話を交わして国道を北上。向こうに鴨川の市街地が見える。案外近くに見えるが、海岸の道は曲がりくねっていているからそう簡単にはつけない。

2017-02-25 15-54-12

2017-02-25 15-56-56
海にかかる黒雲の下に虹が見えた!

国道を走り、時に旧道に回って走り続ける。和田浦駅前の道の駅で一休み。電車の時間をチェックしたらちょうど一時間後に館山行きがある。あと10キロちょっとくらいのはずで、自転車を片付ける時間を考えてもたぶん間に合う。がんばって行こう。さらに国道を走るが、徐々に山が近づいてきてアップダウンが増える。先週は西から入ってきた鴨川市に今日は南から入る。国道がトンネルに入る手前で旧道に入り、鴨川松島、仁右衛門島方面へ。太陽はすっかり傾いて夕方の海になっている。あまりゆっくり見れないまま鴨川市内へ。和田浦から35分で駅前にゴールイン。

2017-02-25 16-50-02
さっきから見えていた鴨川市内に入る。鴨川松島の景色。

館山駅を出た電車から、さっき走った道と暮れなずむ海を見ながら館山に帰りました。

2017-02-25 16-57-10
日没前に鴨川駅にゴール。


今日は春の日差しの中を概ね海岸沿いの平地を約70km走った。そのせいか最後の市内のアップダウンがきつかった。ずっとサイクリストのいない道を走っていたが今日はたくさん見ました。冬はやはりこのあたりがいいですね。しかし、岬、お参り、岬、干物、といろいろ経験した1日でした。
(2017/02/25)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

@たまりんど

Author:@たまりんど
僕の人生は長い上り坂を上っておいしいものを食べるためにある!

ストイックなローディーと違って、上り坂はお腹を減らすためにあると思っている自分たち(自分と相方)。B級グルメ目的のポタリングがだんだん長距離になり、山を求めてでかけるようになりました。
小径折りたたみは理想的です。車でも電車でも簡単に運べて、どこからでもスタートできる。景色を見ながら、いつでも止まれて、写真を撮ったり観光したり。ゆっくり走ってロードに抜かれても気にならない。それでも、2台の小径(KHS F20RCとBike Friday Pocket Rocket Pro)は結構どこまででも連れて行ってくれます。「峠」を越えて違う景色へ。山の向こうには何があるのか?おいしいものはあるのか!?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR