FC2ブログ

頼朝桜(鋸南から嶺岡林道3・4号線)

また鋸南保田にやってきた。前回がクリスマスイブだから2ヶ月ぶり。水仙は終わっているが頼朝桜が咲き始めているので春を味わいにやってきた。とはいえ、今朝は寒い。天気が良かったらスキーかなと思っていたが、山は大荒れっぽい。南関東は昼には風が収まる予報で、それに期待して出発したが、アクアラインまで暴風だった。

また、道の駅鋸南の観光案内所で今度は桜マップをもらって10時半過ぎて出発した。まずは保田川の方に向かう。今日から桜祭りだが、もう咲ききった感じの桜もあった。今年は季節が早すぎて祭りが間に合わなかったみたいだ。今日は寒いけど。

川沿いの車道はあまり上流まで遡れない。次は江月方面に。前回はスタンプもらいに登った坂をまた登る。桜と菜の花の季節になっている。ふぅ。季節が巡るのはうれしくもあり、さびしくもありだな。坂がきつくなって、水仙郷に入っていく。なんか今日は体が重くて上るのが億劫だった。そのせいか、富士山撮影ポイントを見逃した。朝は富士山見えていたんだが。

2017-02-19 10-48-18

2017-02-19 11-11-52
まずは保田川沿いで桜を鑑賞。赤が強い河津桜です。満開の木もまだつぼみの木も終わった感のある木もあった。

見返り峠を越えて県道182に下り、佐久間ダムへ。車が多く、ダムサイト周辺は一方通行になっていた。我々もそれを守って、湖畔で花見。道の駅保田小学校で買ってきたいちご大福と頼朝アンパンを食べた。高台に登ると水仙が残っていて、桜と水仙と湖水のコラボが楽しめた。

2017-02-19 12-38-48

2017-02-19 12-43-54
佐久間ダムの方では湖水と桜のコラボ、桜と水仙のコラボが楽しめた。

このあとどうするか。坂が登れないのは春になったら致命的だから少しトレーニングと思って東に向かった。いつものこーすでをくずれ水仙郷に登るが、水仙の時期とは打って変わって人影なし。この季節も景色はきれいだけれど。そのまま鴨川の市境まで走る。

2017-02-19 13-21-38
人気のないをくずれ水仙郷。でも房総の山並みを背景に桜と梅とみかんの景色を観れた。

2017-02-19 13-22-20
廃屋の民家の外壁に貼ってあった表。昔はこうやって火事を知らせたんだ。

風は強いが、逆らって走れないほどではない。もしも風がひどかったら鴨川に向かって輪行で帰ろうと輪行袋持ってきたが、このまま走って大丈夫だろう。いったん平塚地区の方に下って、南房総方面に右折、今日は大山千枚田には行かないで、白石峠を越えた。その先を右折して、嶺岡林道4号線へ。あとは林道を走って帰ることにする。

2017-02-19 14-14-18
鴨川市のマークは鴨で「か」なんだな。かわいい。

急な登りを登りきって反対の県道88に下り、また県道184に右折して登り切る手前で左折、嶺岡林道3号線へ。最初は登りがきついが、先はアップダウンの尾根走り。木の葉がすっかり落ちてちょっと眺望が開けている。房総の低いが深い山を抜けていく。ほとんど車なし。

いったん登って勝山に近づくと、遠くに海が見えてきた。浦賀水道の先だ。水仙と桜も現れた。富士山も見えるはずだが、午後は曇って見えなくなっていた。急坂を下って県道182に戻る。そのまま海岸へ。西風がもろにあたるエリアに出ると向かい風がきつくなる。

2017-02-19 15-17-53
嶺岡林道を進むとやがて海が見える。

2017-02-19 15-32-08
再び桜と水仙のコラボ。

2017-02-19 15-33-30
海を見下ろす。遠くに大島。富士山は見えなかった。

勝山の漁港へ。海沿いは寒い。でも、夕日に照らされた海はきれいだった。4時前にゴールイン。

2017-02-19 15-53-36

2017-02-19 15-54-51

2017-02-19 15-55-05
すっかり夕方の太陽と海。

2017-02-19 15-56-29
釣り人は寒そう。

2017-02-19 16-04-30
何か大きな機械が捨てられて(?)いる。錨?


春をちょっと先取りの房総サイクリング再び。慣れた道で、花見がメインで40kmしか走っていないが、そこそこ登った感じだ。花見ポタだけれど、実際600m以上登っているから、まあまあ運動にはなった。
(2017/02/19)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

@たまりんど

Author:@たまりんど
僕の人生は長い上り坂を上っておいしいものを食べるためにある!

ストイックなローディーと違って、上り坂はお腹を減らすためにあると思っている自分たち(自分と相方)。B級グルメ目的のポタリングがだんだん長距離になり、山を求めてでかけるようになりました。
小径折りたたみは理想的です。車でも電車でも簡単に運べて、どこからでもスタートできる。景色を見ながら、いつでも止まれて、写真を撮ったり観光したり。ゆっくり走ってロードに抜かれても気にならない。それでも、2台の小径(KHS F20RCとBike Friday Pocket Rocket Pro)は結構どこまででも連れて行ってくれます。「峠」を越えて違う景色へ。山の向こうには何があるのか?おいしいものはあるのか!?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR