FC2ブログ

小田原から河村城址公園(酒匂川サイクリングロード)

さて、千葉方面が続いたので、今日は神奈川県へ。昨夜は帰りが遅くなったので朝はゆっくり出て、小田原についたのは10時半過ぎていた。11時にスタートして酒匂川をさかのぼることにした。小田急線に沿って北上、途中で折れて酒匂川、最初は左岸、それから右岸のサイクリングロードに戻る。

今年は冬になってもあまり風に痛めつけられてはいなかったが、今日はきつかった。そして、富士山はお腹のあたりしか見えない。逆に、雲から出ているお腹が冷えそうで心配になった。お腹壊さないように。それでも、梅が咲き、河津桜なのかほころんでいる桜の木もあった。

2017-01-15 12-24-49

2017-01-15 12-20-54
寒くて風が強かったが、酒匂川サイクリングロード沿いには梅や桜がほころんでいた。

今日の目的の一つは酒匂川サイクリングロードがどこまで続いているのか見極めることだった。小田急の線路をくぐり、対岸には246が走っていところまで来た。前回はここから対岸にわたって尺里峠を登りにいったが、今日はそのまま進む。しかしすごい向かい風で止まらないのがやっとな感じ。それでも走り続けると、東屋があったので休憩して海老名サービスエリアで買ってきたパンと鯵の唐揚げを食べた。疲れるとしょっぱくて脂っこい鯵の唐揚げ最高。

そのちょっと先で舗装道路は終わった。公園を抜けて普通の歩道へ。対岸に渡り県道74もう少し走る。山北町の観光案内の看板で、河村城跡というのがあったのでそこを暫定目標に設定する。ずっと川沿いに行こうとしたが工事に阻まれ断念。一本上の道も森の中でよかった。途中で右に折れて坂を登る。浅間山という山を登ると、河村城はその頂上付近のようだ。

ふと見下ろすと海が見える。足柄山の方は雪をかぶっている。しかし、足元には菜の花、ちょっと先には梅の木。なにか不思議な景色だった。急坂を登りきったら河村城址にたどり着けた。自転車は入れないようだったのでおいて散策。鎌倉時代からの古い城で、山北町は中国語やハングルの看板もたてて観光地としてフィーチャーしようとしているようだった。よく整備されている。ただ、歴史の舞台としてはちょっとマイナーだな。

2017-01-15 13-54-30

2017-01-15 14-01-40

2017-01-15 14-21-04
浅間山(標高248m、去年登った浅間山の一割くらい)と河村城に登る途中、振り返ると海と梅と菜の花。

2017-01-15 14-13-44

2017-01-15 14-13-58
撮影ポイントから、富士山はお腹しか見えず。

坂を下って県道74へ。それから来た酒匂川サイクリングロードに戻る。帰りは、来る時の苦労がなんだったんだというような快適な追い風。おまけに天気も良くなってきて気分も晴れる。振り返ると、雪をかぶった丹沢がまるでアルプスみたい!そのまま海まで走って行った。

2017-01-15 15-05-52
降ってきたら雲が切れて日が差してきた。

2017-01-15 15-32-47
今頃富士山も見えてきた。

2017-01-15 15-40-56

2017-01-15 15-59-00
丹沢アルプス!

国道1号を渡り、西湘バイパスをくぐると相模湾が広がる。三浦半島の方から伊豆大島、初島、真鶴半島の方が一望。そして、初島は蜃気楼で浮島になっていた。このまま海沿いと国道1号を小田原市内まで走り、外郎を買ってから無事ゴール!

2017-01-15 16-06-58
初島が浮島になっている!

2017-01-15 16-07-06
大島は重くて浮かべない。

2017-01-15 16-07-25
三浦半島の方もちょっと浮いている。

2017-01-15 16-10-31
伊豆半島に夕日が沈む。

2017-01-15 16-30-41
外郎屋さんのういろうを買いました。ういろうは店によって随分味が違う。


ゆっくりスタートで走行距離は45kmいかないくらいだが、向かい風に逆らったし激坂もあったので運動した感じにはなれた。帰りは楽だったが。神奈川は山と海が繋げるし、房総に比べると山らしい山の景色が見られる。浮島になった初島とか、丹沢アルプスとか、知らなかった古城とか、思いがけないものを見れました。それにしても、寒かったけれど、梅も桜も菜の花も見れた。
(2016/01/15)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

@たまりんど

Author:@たまりんど
僕の人生は長い上り坂を上っておいしいものを食べるためにある!

ストイックなローディーと違って、上り坂はお腹を減らすためにあると思っている自分たち(自分と相方)。B級グルメ目的のポタリングがだんだん長距離になり、山を求めてでかけるようになりました。
小径折りたたみは理想的です。車でも電車でも簡単に運べて、どこからでもスタートできる。景色を見ながら、いつでも止まれて、写真を撮ったり観光したり。ゆっくり走ってロードに抜かれても気にならない。それでも、2台の小径(KHS F20RCとBike Friday Pocket Rocket Pro)は結構どこまででも連れて行ってくれます。「峠」を越えて違う景色へ。山の向こうには何があるのか?おいしいものはあるのか!?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR