FC2ブログ

寄居〜陣見山林道〜長瀞〜釜伏峠〜寄居

今年は8月末にパリ郊外で紅葉を見てから3ヶ月、なかなか涼しくならなくて、紅葉を求めて2000m級の山に3回も登った。(那須、日光、浅間、一回はロープウェイだけれど)先週は1000m級の山中湖が紅葉盛りだったが、一気に冷え込んで平地に紅葉が下りてきた。なので、今日は低い山。今夜は東京も雪の予報だが、今のところ関東平野は曇りだ。で、勤労感謝の日は長瀞の方に向かいます。出発点は寄居の運動公園で、ちょっと寝坊して10時半になった。

2016-11-23 09-53-40-1

2016-11-23 10-17-49
寄居運動公園の駐車場に白いにゃんこがいた。すみっこ好きのにゃんこ。去年夏に来た時は黒い子猫だったなあ。あいつは元気かな。

標高は低いが、あたりの景色はすっかり紅葉になっている。まず、荒川を渡って玉淀ダムに行ってみた。テレビで紅葉がきれいとやっていたんだが、どこから湖畔を見渡せるかわからずパス。しかし、あたりの里の景色はのんびりしていてよかった。

2016-11-23 10-38-47
玉淀ダム。この辺も結構紅葉。

2016-11-23 10-39-04
空は冬みたいな雲でした。今夜は雪の予報。

2016-11-23 10-39-49
ダムサイトにはツバキも咲いていた。冬だなあ。

2016-11-23 10-52-25
バットマンの家?

なかなか車が切れない国道140号を渡って荒川左岸、神流川と荒川の間の山地に入っていく。まずは円良田湖までちょっとした急坂を登る。紅葉に混じって、冬桜も咲いていた。円良田湖ではいつもどおり釣り人が大勢来ていた。この季節になると寒そう。

2016-11-23 10-57-37
秩父鉄道の短い踏切を渡ると、そこはあぜ道だった。

2016-11-23 11-07-32

2016-11-23 11-08-49
ダム堰堤の下。紅葉に冬桜。

2016-11-23 11-16-16
釣り人も寒そうな円良田湖。

陣見山林道・榎峠・間瀬峠・不動山(陣見山登山口入り口:標高490mくらい、不動山近くのピーク:標高510mくらい。)
激坂度 ★★★☆
山奥度 ★★☆☆


円良田湖の先、ゴミステーションを目印に陣見山林道に左折する。ここから本格的な山道になる。といっても、このルートにはあまり急坂はない。高速系の峠道だ。とはいえ、景色を見ながらの登りで高速にはならない。ちょっと曇り空の下を、紅葉の写真を撮りながら登って行った。標高を上げていくと、樹々の合間から関東平野の景色が見える。今日は雲が厚いがそれほど低くなく、空気は澄んでいて、筑波山まで見通せた。

2016-11-23 11-38-52
紅葉の向こうに筑波山。曇っているけれど視界は遠くまで見通せた。

自転車やバイクが前輪ひっかけて前転しかかっている注意標識がある。落石か、溝の蓋の隙間に突っ込んでひっくりかえる二輪が多いのかな。注意しないと。紅葉も深まっていく。街から遠くないのだが、結構山奥と感じられるのがこの道のいいところだ。

2016-11-23 11-53-01

2016-11-23 11-56-52
黄色い樹海と紅い樹海。

気温は低いが風がないので快適に登っていける。今度は群馬側の景色が見える。赤城山には日が当たっている。もう少しがんばって北まで行けばよかったかな。陣見山の登山口に到着。ここが前半のピークになる。下り始めると自転車が登ってきた。寒くてすっかり自転車も減っているが、ここではまだ何台かと出会った。

2016-11-23 12-03-42

2016-11-23 12-03-46
今度は北側が見えてきて、榛名山、赤城山。あちらは日があたっているみたいだ。

降って行って榎峠。今度見える景色は長瀞の方になる。今日は尾根を走りつつける。この先で道が北西側の斜面になると急に風が強くなって寒くなった。アジサイの小道を通過。今は切り株しかない。

2016-11-23 12-37-19

2016-11-23 12-41-25
そして今度は長瀞。つぎつぎ見える方向が変わる。

2016-11-23 12-46-12
アジサイの小道は枯れ枝のみ。でも、廃墟みたいになっていなくてよかった。

さらに走って間瀬峠で本庄方面に行く県道287とぶつかる。一旦県道に右折してすぐ先を左に入り、林道を走り続ける。今度は不動山の山頂を回り込むルートになる。登り坂だけれどきつくはない。ただ、風が強くてちょっと寒い。このころは少し日差しが出てきた。

ピークに到着。紅葉がきれいだ。そして、長瀞側の景色が広がる。大きな採石場のピットが見える。先日脇を通ったが、そばだとこんなところなのはわからなかったな。紅葉の世界に降っていく。

2016-11-23 13-31-05
不動山裏手のピーク。この辺で日差しが出てきた。

2016-11-23 13-32-02
荒川を見渡せる。

2016-11-23 13-34-37
南側の山も見えてくる。

県道13に合流してさらに下る。予想より時間がかかったので、長瀞見物はショートカットして、コンビニで補給したあと、金石水管橋を渡って荒川の右岸へ。そして、山萩の道を辿って塞神峠に上り始める。

2016-11-23 14-22-47

2016-11-23 14-22-41
金石水管橋を渡って右岸へ。去年は反対向きに渡った。

塞神峠から釜伏峠(標高540mくらい)
激坂度 ★★★☆
山奥度 ★★★☆


この道はだいぶ昔に走った。その時はクロスバイクだった。たぶん全部は登らなかったのだと思う。だって、15%級の激坂なんだ。あの自転車じゃ登れないよ。今日だって苦労している。

登っていくと、今度は夕日の中に両神山の稜線が見えてきた。きれいだ。秋らしい景色だ。風布の観音堂のある集落を見下ろす。ひいひい言いながら峠の上まで登り切る。

2016-11-23 14-56-25
夕日に両神山のシルエットが見えてきた。

2016-11-23 14-58-26
風布、阿弥陀堂がある集落を見下ろす。

ふう。この先、帰るルートはいろいろとれるが、今日はもう一登りして釜伏峠まで行った。最初は10%級の上りだが、後半は緩くなる。ピークは峠じゃなくて、その手前。ちょうど寄居皆野有料道路のトンネル真上あたり。そこから、交差点峠の釜伏峠へ。一休みして下り始める。紅葉の中の下り坂、夕方の光も秋には特別映える。

2016-11-23 15-17-56
寄居皆野自動車道のトンネルの上がピーク。

2016-11-23 15-22-33
武甲山が正面に見える。近い。

2016-11-23 15-28-33
そして、交差点峠の釜伏峠です。紅い。

寒かったけれどたちまち中間平、そして運動公園近くまで下りてきた。調子にのってちょっと行き過ぎたが引き返してゴール。

2016-11-23 15-40-06

2016-11-23 15-41-37
再び、黄色と赤の道。

2016-11-23 15-54-19

2016-11-23 15-54-39
大きなピンクの花が咲いている。幹を見ると竹みたいだが、葉は竹ではなかった。たぶんコウテイダリヤだ。。

そしたら、朝いたにゃんこがまだいた!ここが寝ぐらなんだな。しかし、今夜は雪の予報。だいぶお年寄りっぽいが、この冬を乗り切れよ。ねこに挨拶して今日のサイクリングは終わり!

2016-11-23 16-19-33
またにゃんこに再開!


荒川の両岸でちょっとヒルクライムして、合わせ技で獲得標高1000メートル。両方激坂度を★×3にしたが、陣見山側はゆるい坂が長く続く高速系ヒルクライムで、後半は15%超級の激坂ありで、様子がだいぶ違う。しかし、すっかり低いところまで紅葉になった。
(2016/11/23)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

@たまりんど

Author:@たまりんど
僕の人生は長い上り坂を上っておいしいものを食べるためにある!

ストイックなローディーと違って、上り坂はお腹を減らすためにあると思っている自分たち(自分と相方)。B級グルメ目的のポタリングがだんだん長距離になり、山を求めてでかけるようになりました。
小径折りたたみは理想的です。車でも電車でも簡単に運べて、どこからでもスタートできる。景色を見ながら、いつでも止まれて、写真を撮ったり観光したり。ゆっくり走ってロードに抜かれても気にならない。それでも、2台の小径(KHS F20RCとBike Friday Pocket Rocket Pro)は結構どこまででも連れて行ってくれます。「峠」を越えて違う景色へ。山の向こうには何があるのか?おいしいものはあるのか!?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR