FC2ブログ

秋の那須岳

先週は日光を裏から訪ねて標高1730mまで登ったが、紅葉は峠付近だけだった。一週間経って寒い日もあったが、まだ紅葉は里には下りていないね。なので、今週も北に走って山登り。那須岳は紅葉盛りらしいので、三週続けて栃木県も北の方。先々週は那須でも標高の低いところを巡ったが、今日は上がれるところまで上がってみる。

最初は、ゆっくり山を散策したいからやや高いところからスタートと思って道の駅友愛の森に行ったが、車が多くて長時間駐車は迷惑そうなので、最近スタート地点の定番になっている黒田原に下った。10時にスタートして、夏に85km走った時と同じ、県道305を通るコースでマウントジーンズスキー場まで上る。

しかし今日は天気が良い。出発した時は快晴。こんなに晴れた那須は初めて。那須連山がくっきり見渡せた。茶臼岳って本当に茶臼のかっこしてるんだ。しかし、徐々に巻雲がかかってきた。明日は天気が崩れそう。飛行機雲もくっきり見える。

2016-10-16 10-05-29

2016-10-16 10-05-44
那須岳に登るのは4回目だが、その全貌が見えたのは初めて。

陽射しがあって、標高も低いけれど、先週よりは暖かい。しかし、蒸し暑い中ふうふう登る夏とはぜんぜん違うな。あまり休むこともなく4号線を渡り、大谷の交差点を過ぎて、アルパカ牧場や動物王国もパスしてマウントジーンズスキー場へ。

さっき道の駅でどこまで紅葉しているか、オススメを聞いたら、大丸温泉(だいまるではなくて、おおまるだと初めて知った)の上か、マウントジーンズスキー場のゴンドラで登った上と言われた。でも、この高さまで来てもまだ青葉なので、もっと上ることにした。那須甲子道路を平成の森を経由して八幡峠へ。だいぶガスったが、先々週走った八溝山地側がよく見えた。そして、急坂を登って大丸温泉へ。

2016-10-16 10-30-54
可憐な小さな花のアカマンマ。あるいはイヌタデともいうらしいが、随分感じが違う。

2016-10-16 10-32-34
赤いサルビア?の咲いた児童館。

2016-10-16 11-34-28
前回は何も見えなかったマウントジーンズスキー場まで上がってきた。まだまだ青葉だ。

2016-10-16 12-10-01

2016-10-16 12-11-55
八幡峠についた。先々週走った八溝山地側が見下ろせる。今日はもっと登る。

大丸温泉の駐車場。いつもはここで引き返すが、今日の目的は紅葉を見ること。ここではまだちょっと季節が十分進んでいない。もいひとふんばりするが、ここからは那須湯本側からきた車と一緒になり、一気に交通量が増える、というか渋滞している。実はその前、大丸温泉の手前から道が駐車車両でいっぱいで走りにくかった。ハイカーが皆ここに車を置いて登りに行くんだ。その先まで行こうとするくるまでその上はいっぱい。その脇をすり抜けて登る。

確かにこのあたりから樹々が紅くなってきた。でも車とハイカーで見る余裕なし。時々押したりしながらロープウェイ駅に到着!速くは走れないが、駐車場順番待ちがないから車より圧倒的に早い。しかし、結構な急坂のはずだが、気を遣いながら登ったのでわからなかった。

ロープウェイの待ち時間があまりに長かったら諦めようと思ったが、案外すぐ乗れた。しかも、前が行ったばかりで先頭近くだったから、谷側の窓際の良い場所がとれた。動き出すとすぐに見事な紅葉が広がった。ロープウェイの動きで、谷と峰のひだが流れていって面白い。上に行ったら散策しよう!

2016-10-16 13-22-58
ロープウェイでスタート!

2016-10-16 13-23-02

2016-10-16 13-23-16

2016-10-16 14-16-57

2016-10-16 14-17-06
ロープウェイでまたぎ越したあたりの高度が紅葉の盛りだった。

2016-10-16 13-24-09
ロープウェイ早い。すれ違う時怖いくらい。

と思っていたが、わかったことは茶臼山は火山なので山頂は溶岩ドームで木が生えていない。なので紅葉はなかった。少しでも景色が見下ろせるところに行こうと山頂に向かい、朝日岳の方が見えるところまで行った。風が強い。それにしても、ちゃんとした登山者もいるが普段着の人もいる。我々はハイカーに見えるかもだが登山装備じゃない。

下りのロープウェイもすんなり乗れたし、やはり景色の良いところに立てた。それにしてもこのロープウェイ速い。すれ違う時とか怖いくらい。

2016-10-16 13-47-02

2016-10-16 13-42-39

2016-10-16 13-51-08
茶臼岳の途中まで登って紅葉を探した。

2016-10-16 13-43-43
ちきゅうの丸さがわかる感じ。

2016-10-16 14-16-25
下のロープウェイから峠の茶屋駐車場が見える。あのへんまでいけば紅葉が間近でみれそう。

山頂では紅葉は見れなかったので、峠の茶屋まで行くことにしたが、もうすぐ3時なのにまだ渋滞している。車の脇をすり抜けていくのも嫌なので、登山道を歩いて登った。木立の間のまっすぐな道。人はそれほど多くない。山で渋滞から自由でいられる幸せを感じる。空気が気持ち良い。木々は紅くなり始め。登りきって、さっきロープウェイから見えていた展望台に登り茶臼岳の方を望む。紅葉がきれいな朝日岳側は茶屋の方から見えた。

2016-10-16 14-28-50
峠の茶屋までは渋滞が激しいので自転車を置いて歩いた。

2016-10-16 14-37-04

2016-10-16 14-55-19

2016-10-16 14-38-00

2016-10-16 14-43-11
峠の茶屋とそこへの道からの景色。ここまでくると紅葉がいい感じ。

来た道を引き返してロープウェイの山麓駅へ。ちょうど3時。まだ登ってきた自転車がいた。これからロープウェイで登るのはきついな。我々は下り始める。先週の教訓もありしっかり着込んだ。

ハイカーが飛び出してくる坂を慎重にくだり、大丸温泉で左に入ると車は一気に減る。八幡峠まで下ると甲子道路に左折。帰りはいったことのない県道344に行ってみた。地図だと近道のはず。

これは正解だった。いつもはロングライドのコースに習ってきていたからこちらには来なかったが、車は少なく、路面はきれいで、また木陰が続くから夏も楽そうだ。道の両側は、最初は鬱蒼とした森、だんだん木立に囲まれた別荘地になる。やがて、農村風景へ。登り返しのないゆるい下り。国道4号線までペダルを回さなくても下れるくらいだ。振り返るとさっきまでいた那須岳が遠くになっていた。

2016-10-16 15-33-26
だいぶ降った。雲も増えた。さっきまで居た那須岳を見上げる。

2016-10-16 15-45-45
蒸気機関車と水車のある民家があった。機関車は列車を引く以外の機能もありそうだった。

2016-10-16 16-01-26
鳥のかたちの植え込み。

2016-10-16 16-01-34
夕陽の中にススキが輝く。日が短くなった。

結局1時間かからずに黒田原の運動公園に戻った。それほど寒くなかったし。いつのまにか空は雲で覆われている。明日は雨だなあ!


こんなに天気の良かった那須ははじめて。走ったのは50kmちょうどだが、今日も1000m以上登った。その上、ロープウェイも乗って、ちょびっと登山気分も味わった。先週と違って寒くて死にそうではなかったし。紅葉の歩みは相変わらず遅いな。
(2016/10/16)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

@たまりんど

Author:@たまりんど
僕の人生は長い上り坂を上っておいしいものを食べるためにある!

ストイックなローディーと違って、上り坂はお腹を減らすためにあると思っている自分たち(自分と相方)。B級グルメ目的のポタリングがだんだん長距離になり、山を求めてでかけるようになりました。
小径折りたたみは理想的です。車でも電車でも簡単に運べて、どこからでもスタートできる。景色を見ながら、いつでも止まれて、写真を撮ったり観光したり。ゆっくり走ってロードに抜かれても気にならない。それでも、2台の小径(KHS F20RCとBike Friday Pocket Rocket Pro)は結構どこまででも連れて行ってくれます。「峠」を越えて違う景色へ。山の向こうには何があるのか?おいしいものはあるのか!?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR