FC2ブログ

那須高原、湿度100%な85kmライド

三連休の真ん中はそれほど天気が悪くない予報で、2013年と去年に引き続き那須まで遠出した。去年は全日本選手権を外したらロングライドにぶつかってしまった。今年は、先週に終わっていることを確認。去年70kmコースの人たちと走って、途中から大丸温泉に上ってコースから離れたが、今年は100kmコースをトレースして走ってみることにした。さて、どこまでいけるか。

那須町役場近くから10時過ぎにスタート。ゆっくり那須岳に向けて登り始める。細かいルートを全部フォローするつもりはなかったので、斜めにトラバースして上り坂の県道305へ。しかし、今日は曇りの予報だったが、途中の道は雨で、まだ路面も空気がしっとりしている。いつ降り出してもおかしくない。かわりに涼しい。東京は暑くなりそうだな。

大谷の交差点からは去年も走った道。那須動物ランドやアルパカ牧場を見ながら上る。去年は暑かったし、集団走行は慣れていないのでストレスフルだったが、今年は楽ちん。しかし、天気は悪い。山は何も見えない。だんだん霧の中というか雲の中に入っていく。湿度は100%だな。汗が乾かない。

最後の結構な急坂を上りきって、ロングライドのエイドステーションだったマウントジーンズスキー場の駐車場まできた。昨年はこの辺でバテバテだったが、今日は天気以外は大丈夫。甲子道路に入って山肌をトラバースするが、この辺は完全にガスの中。視界がきかないほどではないが、ライトをつけて慎重に走る。

2016-07-17 11-15-38
いつも通り、無料エリアからのアルパカくんはこんなもの。

2016-07-17 11-50-17
マウントジーンズスキー場の駐車場。開けた場所はガスがひどい。森の中の道路は視界は問題なかったが、ここでやめて帰ろうかと思った。

平成の森あたりから路面がひどかった記憶があったが修理したようだ。八幡峠に到着。景色は全くないが補給食をかきこむ。100kmコースはここで右折して大丸温泉、ロープウェイ乗り場まで登るが、ガスがひどすぎるし、このルートはこれまでも二回、両側から上っているのでパスした。ヒルクライムの核心部だが、今日は走ったことのない方に行くことを優先する。

2016-07-17 12-18-25
昼過ぎに八幡峠に到着。何にも見えないし、座っているだけでも濡れてくる感じだが、ここで補給。

2016-07-17 12-18-29
茶臼岳が見えないというレベルではない大丸方向の登り。今年は登らなかった。

視界が悪いし車も増えてくるので反射ジャケットを着けて、つつじ吊橋まで下る。吊橋はまったく見えない。ツツジの時期に来ようと思うが、まだ寒いからなかなかここまでこないんだよね。温泉の源泉の場所は硫化水素の匂いがきつい。さらに殺生石まで下る。交通量が増える。殺生石もガスの中。一応一回りした。霧の中ではお地蔵さん余計に怖い。

2016-07-17 12-37-20
ガスはガスでも硫化水素ガスの源泉部。

2016-07-17 12-46-16
殺生石もガスの中。ここまでくれば晴れるかと思ったが。

2016-07-17 12-48-22
不気味さ倍化のお地蔵様群。動いている感じがするよ。

2016-07-17 12-50-52
殺生石はしめ縄直していた。

温泉街を下り、100kmコースに従って県道 に右折、板室温泉を目指す。南ヶ丘牧場までは交通量が多い。そこを超えてもそこそこ車が走る。この先は何もない山の中だと思っていたら、ゴルフ場と大別荘地で結構開発されていた。そして結構な登り返し。上りは終わったつもりでいたのでちょっと辛かった。谷に落ちていくように走って板室温泉へ。

2016-07-17 13-53-29
板室に向かう道のピーク付近は別荘地や会社の保養所。コナミの施設には風車が並んで、なんだかシムシティっぽかった。シムシティはコナミのゲームではないが。

板室からは川沿いに下ると思っていたが、またまた二回上る。ピークには覆道があり、暗いので歩道を行った方が良い。景色を見返す。ガス地帯は抜けた。あとは板室街道を一本道で下る。空気の湿り気は減るが、少し熱い空気になってくる。日差しがないので平気だが。がんがん下って、3時前に道の駅明治の森黒磯へ。ここで一休み。美味しそうなジェラートがあったが次の機会にする。補給食で腹一杯にしてしまって失敗だった。おいしいものの事前チェックが必要。

2016-07-17 14-11-02
ちょっとニッコウキスゲっぽい花が咲いていた。去年日光で見たが今年は行きそびれた。

2016-07-17 14-21-15
板室温泉を越えても登りがある。上った先で振り返ると中国っぽい景色だった。(北京しか行ったことがないから本当にこういう景色があるか知らんが)

2016-07-17 15-12-25
道の駅明治の森に隣接する青木家那須別邸。明治の外交官青木周蔵の別荘。この人はドイツに行って向こうの女性と仲良くなったのは森鴎外と一緒だが、日本人の奥さんと別れてまで連れて帰ったところが違う。

先の青木交差点を左折して再び山腹トラバース。道はすっかり乾いた。那須疎水に沿って北上。ロングライドコースは左に入ってりんどう湖がエイドステーションらしいが、我々はそのまま直進。道は広域農道りんどうラインになって坂を下り始める。東北道、新幹線、東北本線を渡る。

2016-07-17 15-32-42
那須疎水に沿って走る。

2016-07-17 15-54-32
広域農道りんどうラインに突入。農道なのにりんどうとは。那須ブラーゼンのトレーニングコースらしい。

2016-07-17 15-54-44
横を向くと泥だらけの牛がほとんど放し飼いみたいに居た。顔洗いなさい。(よく見ると綱でつないであったが)先の方では、白馬が道沿いにつながれずにいたし、なんだかこのあたりもヨーロッパみたいだ。

ここで左折すれば線路沿いに走ってスタート地点に戻る。空には晴れ間も出てきた。少し暑くなってきたがまだ許せる範囲。天気が良いと身体にはきついが、モチベーションは上がる。まだ4時で時間もあるから、100kmコースそのままトレースする。さらに下っていく。下るということは、後で登るんだけれどね。

2016-07-17 16-10-25
晴れ間が見えてきた。日が出るとそれはそれで疲れるが、やはり天気は悪いより良い方が良い感じで走れる。

静かな道で路面もきれいだ。途中から対向車線に自転車走行帯の青いペイントが塗られている。こちら側は無いけれど。この辺が那須ブラーゼンのトレーニングコースらしい。アップダウンが多い。行ってみるとせいぜい6-7%なんだが、正面に表れると壁に見える。確かに良いトレーニングコースだ。景色もきれいで、ヨーロッパの田園地帯を思い出させる。下り基調で国道294にぶつかる伊王野まで走る。

2016-07-17 16-24-06
ここ、ヨーロッパだよね!?というような景色が突然広がったりする。

左折で国道に合流して北上。それほど交通量多く無い。県道28の那須市街地方面へ。ここから 川の河岸段丘を上る最後の急坂。ここまで来るともうぼちぼち登る感じ。だんだん街中の景色になって那須町役場を通過。クールダウンで流しながらスタートした総合運動公園にゴールイン!時間は5時過ぎで、結局7時間弱かかったな。


結局、いろいろショートカットしたので85km走ったことになった。特に大丸方面の一番きつい上りをカットしたから、1時間以上余計にかかったはずで、観光や食事の時間を考慮しても制限時間の6時間半では走れそうにない。もう少し修行が必要だ。急ぐには好きではないけれどね。それでも、天気が悪くて涼しかったのと、写真撮っている時間が少なかったので、1300m以上の獲得標高でこれだけ走れて満足。湿度が高くて汗が乾かなかったからそれなりに暑かったが、この季節としてはよいコンディションだった。次はゆっくり観光しながらにしよう。
(2016/07/17)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

@たまりんど

Author:@たまりんど
僕の人生は長い上り坂を上っておいしいものを食べるためにある!

ストイックなローディーと違って、上り坂はお腹を減らすためにあると思っている自分たち(自分と相方)。B級グルメ目的のポタリングがだんだん長距離になり、山を求めてでかけるようになりました。
小径折りたたみは理想的です。車でも電車でも簡単に運べて、どこからでもスタートできる。景色を見ながら、いつでも止まれて、写真を撮ったり観光したり。ゆっくり走ってロードに抜かれても気にならない。それでも、2台の小径(KHS F20RCとBike Friday Pocket Rocket Pro)は結構どこまででも連れて行ってくれます。「峠」を越えて違う景色へ。山の向こうには何があるのか?おいしいものはあるのか!?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR